「シミ」カテゴリーアーカイブ

シミ予防対策にビタミンCの上手な摂り方

シミの予防や改善が期待できる栄養素がビタミンCです。ビタミンCの摂り方にはいくつかポイントがあります。

ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマン、ゴーヤ、キャベツなどです。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、一度に大量に摂取をしても尿とともに排泄されてしまいます。

そのため、こまめに摂取をしましょう。

たとえば、朝はスムージーやフルーツサラダ、お昼には野菜サラダ、おやつには生の果物といったような食べ方をすると、1日を通してこまめにビタミンCを摂取できます。

ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、食品によっては熱を加えても壊れにくいものがあります。

じゃがいもやさつまいもなど芋類は、でんぷんでビタミンCが守られているので加熱をしてもビタミンCが壊れにくいです。

ソラレンという物質を含む食品があり、ソラレンを摂取してから紫外線に当たるとシミができやすくなります。

ソラレンを含む食品は、レモン、パセリ、セロリ、しそ、オレンジ、グレープフルーツ、キュウリなどです。

ソラレンを摂取してから5~7時間ほど作用が続くといわれています。

紫外線に当たらない夜に食べるなら問題ありません。

ビタミンCが多い食品もあるので、摂取する時間帯に気をつけましょう。

30代からのシミ、ソバカスの悩み

30代の頃から、目の下の肝斑が気になり始めて一年中日焼け止めは顔に使っていましたが40代になって深刻なシミ、そばかす、肝斑に悩み始めました。

美白化粧品を使ったり、シミ対策美容液を使ってシミ、肝斑が薄くなってきたのはよかったのですが少しでもケアを怠るとすぐにシミが浮き上がってくるんです。

紫外線対策をしっかりしないとダメなんだろうとは思いつつ、敏感肌で乾燥肌の私には肌に合う日焼け止めが見つからない状態で悩みは深刻でした。

それで、いろいろネットで検索していると乾燥肌にも負担が少ない日焼け止めを見つけて買ってみることにしたんです。

年月ってすごいなと感心したのは、その日焼け止めは白浮きもしなければ、嫌な臭いもない。

伸びもすごくイイんです。

首の後ろは見えないので、つい日焼け止めを躊躇ってしまう箇所だったのですがスルスル塗っても心配ないし、ジェルタイプなのでサラッとした着け心地だったんです。

重ね付けしても肌が突っ張る感じはありませんでした。

洗い流すのもボディソープで簡単でした。

毎朝、お化粧しながら使っていて手や首、脚にも使っています。

潤いの成分も入っているらしく乾燥からも守ってくれるのは有難いです。

トライアルサイズをネットで安く買えたので、次は通常の容量のをリピート購入する予定です。

美白成分のお蔭もあって手の甲にあったシミも薄くなってきました。

でも顔にできたそばかす対策には日焼け止めだけでは物足りないのでしっかりとケアしないといけません!

私はそばかす対策まとめ!確実に消すために必要なアイテム5選をご紹介を参考に、オールインワンジェルと飲み薬を飲んでいます。

そのおかげで長年悩み続けてきたそばかすもシミも今ではほとんど目立たないぐらいにまで薄くなりました。

そばかすを消すことって本当に難しいと思うけど、この方法ならいつかは消えてしまうんじゃないかと思うぐらい効果があります。

そばかすにお悩みの方は是非参考にしてみてください。